日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会 SAKE SERVICE INSTITUTE[SSInet]



日本酒の美味しい飲み方
日本酒のサービスに関する方法論は、ワイン関連の概念に比べると、体系化、マニュアル化されて指針が思いのほか少ない。これは日本酒が日本古来の酒であるが故、地方ごとの習慣や個人の嗜好に重さを置いて消費されてきたことによると考えられます。しかし、日本酒の性質を的確に捉え、それに見合うサービスをする事によって、酒本来の味わいに加え、美味しさや楽しさなどの満足感を増幅させる事ができます。  

複数の日本酒を提供する場合のポイント
◇香りのシンプルなもの→複雑なもの
◇味の淡麗なもの→濃醇なもの
◇冷たくして味わうもの→常温で味わうもの
◇新鮮な味わい→より熟したタイプ
◇辛口のもの→旨味の強いタイプ
◇酸味の勝るもの→甘味の勝るもの
様々な酒器による演出
提供する酒器によって様々な演出効果が得られ、より美味しく楽しく味わう事ができます。
冷酒器・丸地路利
中央に氷を入れて使用するので、いつまでも冷たい日本酒が楽しめます。
手桶 花唐草柄と波白兔柄
陶器、中国製。日本酒クーラーやワインクーラーとしてご利用下さい。
アイスディスペンサー
新しい日本酒の楽しみ方はいつかのショットバーのように。(ワインにも使用できます)
岩魚徳利
以前とある秋田県の居酒屋で骨酒を注文したら、このような酒器に入って出てきました。
まさに言うことナシの演出効果です。
南部鉄器「平燗瓶」
昔の風情が感じられる鉄器。内側はホーロ加工が施してあり、保温力バツグン。
酒燗器
炭火で湯煎するタイプ。
ピューター徳利
ピューター製で保冷力抜群!また、マイナスイオンを出しますのでいやな臭いなどを取り除き、お酒の味が良くなります。
   
適した器
酒は飲むための器の容量、形状の違いによって、これが同一の酒かと驚くほど、その香味を変えます。ここでは今まで消費する個人や店の担当者によってほぼ無差別 に選ばれ、供されてきた器にスポットをあてます。
【空気との触れ合い方】
器に注がれた際の表面積の広い、狭いに左右されます。表面積が増えると酸化速度と芳香成分の揮発量 が上がります。
【温度変化の速度差】
不必要に大きな器に少量の酒を注ぐと急激な温度変化が起こり、反対に過小な器の場合も同様の事が起きるので、適切な容量 である事が肝要です。     
【器の形状の種類】
器の形状の主なものは、a.深皿型、b.朝顔型、c.ラッパ型、d.円筒型、e.うりざね型、f.バルーン型、g.ひょうたん型、h.りんご型と、これらの複合型に分類出来ます。同じお酒をそれぞれのタイプに注いだ場合の反応、変化の度合いが大きく異なる事はイラストを見ただけで一目瞭然でしょう。

器の形状における共通項及び注意点
容 量 60ml以下の器は酒の風味を飲み手に伝える事が出来ません(常温酒)。
450ml以上の器は仮に一合(180ml)の酒を注いだところで、過剰な反応が起こるか、香り・味を拡散させます。
口 径 2cm以下の口径のグラスは、形状がどのタイプであっても香りを嗅ぐことが出来ません。
形 状 ひょうたん型のグラスは容量が異なっても香りの主たる成分を削り取るか、ある特定の揮発性の高い部分のみを強調する。つまり、香りをゆがめます。
その他 国際規格テイスティンググラスはどのタイプにも適応します。