日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会 SAKE SERVICE INSTITUTE[SSInet]

お燗酒の旨さは日本人のDNAに響きます!吟醸酒から古酒まで様々な美味しさがエントリー

147P9948
N1-001
蔵香り
㈱三宅本店(広島県)
繊細な香気の大吟醸酒に山廃特有の芳醇さが加わった蔵香り。一見相反する要素が燗をすることで見事に融合し、参加の心を掴みました。

143P9845
N1-015
厳選辛口吉乃川
吉乃川㈱(新潟県)
スッキリした辛口熱燗酒は五臓六腑に染み渡る旨さですよね。いつの時代も愛される淡麗辛口タイプの代表が堂々のプラチナ賞です。

122P9527
N1-018
大七 純米生もと
大七酒造㈱(福島県)
生もとの深みを充分に味わえるのに、実は非常にキレイな酒質なのが大七純米生もと。前回の王者は今回も金メダルです。お燗酒大七強し!

110P8525
N1-002
三千櫻
三千櫻酒造㈱(岐阜県)
「強烈な個性はありませんが・・・」と蔵のコメントにありますが、だからこそホッとしたいお燗酒に向くのでしょう。長く愛される秘訣を持った地酒ですネ。

104P8321
N1-013
関娘ふくのひれ酒
下関酒造㈱(山口県)
来ました!フグのヒレ酒。可愛らしいルックスなのに、味は実に本格派。伝統的な日本酒カクテルがゴールド賞です。

082P6615
N1-027
銀嶺月山 純米原酒 蔵酒
月山酒造(山形県)
自家栽培米、低温熟成、水質の美しさと、こだわり抜かれた月山お燗酒がランクイン。パワフルタイプなのに味わいの構成が実に緻密。貫禄の逸品です。

081P6318
N1-054
上喜元 お燗純米
酒田酒造㈱(山形県)
山田錦を原料にした上喜元の純米酒は、ボディがしっかりしており、米の豊かな香りがふわりと漂います。ぬる燗でも熱燗でもイケる底力が魅力。

077P6116
N1-033
源右衛門のやかん酒
亀岡酒造(愛媛県)
ネーミングが良いですね~。やかん酒で気軽で飲んでと言いながら、味わいは実に上質で、しっかりした旨味があるのがニクいです(笑)
066P4620
N1-049
木桶仕込み生もと純米吟醸
㈱せんきん
(栃木県)
066P4818
N1-009
越後鶴亀
山廃純米 燗一本

上原酒造㈱
(新潟県)
059P4316
N1-017
榮川
山廃仕込純米酒

榮川酒造㈱
(福島県)
059P4217
N1-044
能登の生一本
純米 伝兵衛

中島酒造店
(石川県)
057P3621
N1-020
玉乃光 純米大吟醸 備前雄町100%
玉乃光酒造
(京都府)
054P3618
N1-039
お燗向 純米酒
香田 3年熟成酒

ハクレイ酒造㈱
(宝蔵)
部門1:お燗にして美味しい日本酒 エントリー酒はこちら(別ウィンドウで開きます)
今回の部門で一番多い61以上のアイテムが揃いました。
それだけ蔵元さんも力を入れられているし、市場での人気も高まってきた証拠でしょう。
何せ温めて飲むことで真価を発揮するお酒なんて他にはあまり無いですから、これこそ日本酒ならではの醍醐味です。皆様も特定名称名にとらわれず、色々なタイプの日本酒をお燗にして試してみて下さい。
大切なのは、銘柄よりもお燗の手法です。
電子レンジで一気にチンしたり、グラグラの熱湯に付けてではなく、80度位のお湯に1~3分付けて好みの温度に「温めて」あげることが大事です。(このひと手間が味を大きく変えるのです)
また日本酒の味や、季節に合わせて酒器を変える楽しみを添えるのもお燗酒の楽しみ。
大切な人と袖が触れ合う距離でさしつさされつ嗜む…。
これぞ冬の風物詩、日本酒の美しい風景ですネ。